スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国初手術決定

今日、天津の眼科病院に行ってきました。

もともと、右目がぼやけてよく見えない状況だったんです。
今日の午後、少し時間が取れたので行ってきました。

相変わらず、すごいです。病室の中でも順番の抜かしあい、ルールも、プライバシーもありません。
好き勝手に、病室に出たり入ったり。

私の右目は、白内障と診断されました。診察時間、もののわずか1分。
この診察中も、私の後ろで順番を取るための押し合い、診察中でも外野が医者に質問攻め。
診察が、適当になるのも当然です。

そのあと、手術用の診察に行くと、親切丁寧に往診してくれました。
月曜日に手術前検査、水曜手術です。
私も中国9年目で初の手術です。


ちなみに、中国の病院は検査費、治療費等すべての費用は前払いです。
ひとつひとつの検査のたびに、お金を払いに行かなければなりません。

これは、急患でも同じです。
ある病院で、交通事故の患者の親族?もしくは友人が病院の人間と喧嘩しているのを見かけました。
なぜかというと、病院側は交通事故で運ばれてきた患者に先に金を払えと請求してます。

患者側、「現金を持っていない、カード払いで良いか?」
病院、「カード払いはできない。どっか近くの銀行で金を引きおろして来い。」

金を払うまでは、病院は何もしてくれません。

皆様も、多少の現金は持ち歩いたほうが良いかもしれません。

「なんて中国はひどいんだ」、なんて思うかもしれませんが、日本だって産気づいた妊婦が病院をたらいまわしにされて死んじゃった事件ありましたよね。

その国には、その国のルールがあります。
まあ、この国は人口は余ってますから、少しぐらい減った方が、いいのでしょう。
特に(この病院の例からも)、金のないやつは…ということですね。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

大事じゃないですか!
この間はそんなそぶりもなかったので、しらなかった・・・
無事を祈ります。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。