スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事とは

先日、私の読んでいるメルマガにこんな文章がありました。
久しぶりに、考えさせられる内容だったので、ここで紹介したいと思います。

(以下転載)

○趣味を仕事にする

よく「仕事になった瞬間、つまらなくなることもあるでしょ? 趣味の方が、
気楽じゃない?」と反論されることがあります。

しかし、それは間違い。
そうなるのなら、それは結局、「向いていない」のです。

一流のプロは、仕事としてお金をもらいつつ、同時に楽しみながら、その職務
を行います。

こんな言葉があります。

「最高の仕事とは、遊びと同じである。もし今の仕事をそのように感じられな
いなら、それは純粋に、レベルが低いからである。」

本当に向いている仕事なら、お金が発生したり、義務になったからといって、
やる気が減るわけではないのです。

くどいですが、もし「仕事にした瞬間やる気がなくなった」のなら、それは
「向いていない」ということ。

このことは、仕事にしない限り、分かりません。
「いつか、やりたいなぁ…」と思いながら何も行動をしないより、ずっと効率
的です。

(転載終わり)

自分自身のレベルの低さを感じさせられました。
特に、「最高の仕事とは、遊びと同じである。もし今の仕事をそのように感じられな
いなら、それは純粋に、レベルが低いからである。」 の部分は、堪えました。
この部分だけどこかに貼っておきたいぐらいです。

人や場所のせいにせず、がんばっていかなければなりませんね。








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。