スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本では今、船場吉兆が叩かれています。
まあ、当然のこと、それだけのことをしてしまったのですから。

今回の事件で出ていた「不正競争防止法違反(原産地偽装)」という法律、中国にもないんですかね。

中華料理店で料理の使いまわしなんて普通なんでしょうね。
中国人の間で一番常識なのは、火鍋のスープでしょうか。

客が使用後のスープを濾して、再利用するようです。

この辺を知るのに一つの参考になるのは、その店がどのように片付けているか見てみると良いかもしれません。
お客が帰った後のテーブルで、残った料理を残飯みたいにして片付けている店は、使い回しはないでしょう。

スーパーでのリパックも当たり前のようです。
某仏系、某韓系、スーパーで変色した肉をよく見かけます。

ある意味、中国は食の再利用においては、日本より優れてますね。

いま、今回の事件やギョーザ事件など、消費者の商品選びの能力が、必要な社会なのかもしれません。ただ、有名だから、安いから、便利だからというんで選んではダメということです。

この間、日本で豚にコンビニ弁当を餌に混ぜて食べさせたところ、生まれてきた子供が全部奇形だったそうです。

意外とコンビニなんかない天津の方が安全かも、万が一、人の食べ残し食べても奇形の子供は生まれないでしょうし。

スポンサーサイト

放射能物質

また、震災の話になってしまいますが、放射能物質が未回収とか!

ついこの間、石原都知事が台湾で「四川は核のメッカ」とかいってましたが、ずばり的中です。
別に石原氏を支持しているわけではないですが、この人の対中発言だけは的確だと思います。

問題は、放射能漏れですね。
ソ連のチェルノブイリ事故で、日本にも雨に混じって放射能が降ったように、他人事ではないです。

中国にとって、オリンピック前の最後の難関ってところですかね。

震災の身近な影響

昨日からの哀悼により、うちの店のすぐそばのディスコが営業をしてませんでした。
おそらく明日までは、だめなのでしょう。
日系企業でもこの3日間はカラオケ禁止令が出ている会社さんもあるようです。

震災の影響が身近なところに出てきてます。

テレビは、震災番組しかないですし、ネット上でも白黒にしているページがあったり。

日本でも報道されているように、中国人の日本に対する見方がよくなったことは、みじかな中国人の発言からも感じ取れます。

しかし、こんなに簡単に変わってしまう世論って何なんでしょう。
いままでの円借款は?ODAは?なんだったんでしょうか?

テレビってすごいんですね。「権力犯罪」という言葉が、頭をよぎります。

国民の感情を操作するなんて簡単なんですね。

まあ、今回はよくなりましたけど、すぐに逆もあるわけです。


ただただ、長期的に日中関係がよくなるよう、操作してくれることを願うのみです。


哀悼

今日から21日までの3日間、四川震災哀悼日に決まったらしいです。

具体的には、この3日間の午後2:30に黙祷をささげるとのこと。
車を運転中であれば、一旦端に停車し、クラクションを鳴らす。

今日の2:30、一部気にせず、車を走らせたり、歩いている者はいたものの、ほとんどの人が黙祷をささげていました。なかには、涙ぐんでいる人まで。

先日、中共に対しては、いろいろ書きましたが、被災者の一日も早い救済は心より願っております。




目 順調です。

今日は、久しぶりに春らしい良い天気です。
このまま、すぐ暑くなってしまうのでしょうか、例年ならもうすでに暑くなっている時期なんですよね。

いろんな方からご心配いただいた目のほうも、問題なさそうです。
まだ、車などに乗っていると、移動する景色に目の焦点が合わない感じはありますが、一般的には大丈夫です。

ただ、パソコンを長時間するのは、まずそうなので控えています。
後、運動は手術時の傷口が開くからと止められてます。

まあ、なんだかんだと面倒臭いですが、仕事ができるだけ幸せですね。

震災

最近、中国のニュースはこればかりですね。当たり前かもしれませんが。

しかし、今日の日本のニュースには愕然としました。
日本に救援隊の受け入れが決まったようです。

まあそれはそれで良いんですが、あたかも救援させていただいてありがとう見たいな、選ばれたことに感謝している。
そして、今回の救援で日中友好が進み、中国人の日本に対する見方がよくなると思っている。本当に馬鹿です。

たしかに今回の日本の救援隊については、こちらのニュースでも少し触れていました。
しかし、日本人の私以外、あの程度の報道を誰が注意するかというレベルの取り上げ方です。

そんなことよりも、政府の対応の良さをひたすら美化した映像を流し続けています。
これが洗脳ってやつですね。
温家宝が被災地を回る姿を見て、中国人であれば、みな彼に好感を持つでしょう。

今回、日本の救援隊がもし活躍したとしても、そのほとんどが中国共産党の活躍として伝えられることでしょう。

チベット問題で国際的にそうたたきを受けていた中国にとって、ラッキーそのものですね。
同情の目で見られる中、オリンピックが気がつけばはじまっているのでしょうから。

今、集まっている募金の何パーセントぐらいがちゃんと被災地に行くんでしょうか。
まあ、あんな奥地ですから、完全に復興させる必要もないでしょうし、丸儲けですね。

おそらく、これから被災者の数は、どんどん増えるでしょう。多く報道すればするほど、金が集まるんですから。

ある程度中国を知っている人ならわかってるでしょう、中国人の数字がめちゃくちゃなのは。

手術終了

今日の手術予定時間は8:00

朝気づいて時計を見ると8:50!
やってしまいました、思いっきり寝坊です。

大急ぎで病院に駆けつけても、着いたのは結局9:30。

でも看護婦は、何事もなかったかのように、「別に大丈夫よ」っと簡単に流されてしまいました。
遅刻とか、時間に関しては、非常に大らかな国ですね、ここは!(ちょっと良いところかもなんて)

しかし、その後ひたすら待たされます。決して遅刻したから後回しになったという風ではなく、何時から開始かも知らされず、いつ来るかもわからない待ちです。
このいつまでか分からないというのが、苦痛です。

非常に大らかな時間が過ぎていきます。(さっきの思い違いを後悔しました)

手術開始は、12:00
12:10手術終了。

目にペッタッとガーゼを張られ、帰って良いよとのこと。

まあ、とりあえず終わって一安心です。

ただ、今日と明日は、目に眼帯をしながらの仕事。
お客様には申し訳ないです。

でも、いかないわけにもいかないので、本当にすみません。2日間ご了承ください。

母の日

なんか今年は、雨が多いですね。

埃っぽい天津には、多少の雨が空気をきれいにしてくれます。

さて、今日は母の日。
日本ではいろんなイベントが行われているようです。

天津では、まだまだ始まったばかりの習慣で、そこまでは浸透してないように思います。
北京あたりですと、かなり一般化しているように思われますが、やっぱり地域差がありますね中国は。

ちなみに、今年3月に子供を生んだ私の嫁にとっては、初めての母の日です。
何もしないとうるさそうなので、適当になんかあげないと。

でも、難しいですね、プレゼント選びって!
ヤダ、ヤダ!!

その辺の百貨店でも見てきます。

中国初手術決定

今日、天津の眼科病院に行ってきました。

もともと、右目がぼやけてよく見えない状況だったんです。
今日の午後、少し時間が取れたので行ってきました。

相変わらず、すごいです。病室の中でも順番の抜かしあい、ルールも、プライバシーもありません。
好き勝手に、病室に出たり入ったり。

私の右目は、白内障と診断されました。診察時間、もののわずか1分。
この診察中も、私の後ろで順番を取るための押し合い、診察中でも外野が医者に質問攻め。
診察が、適当になるのも当然です。

そのあと、手術用の診察に行くと、親切丁寧に往診してくれました。
月曜日に手術前検査、水曜手術です。
私も中国9年目で初の手術です。


ちなみに、中国の病院は検査費、治療費等すべての費用は前払いです。
ひとつひとつの検査のたびに、お金を払いに行かなければなりません。

これは、急患でも同じです。
ある病院で、交通事故の患者の親族?もしくは友人が病院の人間と喧嘩しているのを見かけました。
なぜかというと、病院側は交通事故で運ばれてきた患者に先に金を払えと請求してます。

患者側、「現金を持っていない、カード払いで良いか?」
病院、「カード払いはできない。どっか近くの銀行で金を引きおろして来い。」

金を払うまでは、病院は何もしてくれません。

皆様も、多少の現金は持ち歩いたほうが良いかもしれません。

「なんて中国はひどいんだ」、なんて思うかもしれませんが、日本だって産気づいた妊婦が病院をたらいまわしにされて死んじゃった事件ありましたよね。

その国には、その国のルールがあります。
まあ、この国は人口は余ってますから、少しぐらい減った方が、いいのでしょう。
特に(この病院の例からも)、金のないやつは…ということですね。

さつま無双フェア

エー、今日は店の告知です。

今月の15日まで、さつま無双の黒無双とつわぶき紋次郎の2種類の芋焼酎を特別価格でご提供中です。

黒無双は、その名前からも黒麹を使用したこくのある焼酎です。

つわぶき紋次郎は、まろやかな芋焼酎。ビンも独特で、面白いです。

この「さつま無双」という会社、焼酎に少しでも詳しい方ならご存知だと思います。
「もぐら」なんかは非常に有名です。今当店では、「もぐら」は欠品中ですが、もぐらがお好きな方におすすめなのが「さつま無双原酒」という焼酎。あのもぐらの深い味わいが似ています。

基本的にこの酒造会社の焼酎で、間違いはほとんどないと思います。

私が、お客様によくお薦めするのが、お好きな焼酎を1つ見つけられた場合、その焼酎と同じ酒造会社の焼酎をいろいろと飲まれるという飲み方です。
そうすると大きな失敗なくいろんな焼酎を楽しめます。




またですかね?

SARSを思い出させるいやな伝染病がくすぶってますね。
手足口病?
日本医師会にこの病気の説明があります。

 http://www.med.or.jp/kansen/teashi.html

この説明を読む限りでは、そんなに怖い病気には思えないんですが…?

本当に中国発表通り、手足口病なんですかね?


SARS,鳥インフル、この数年で変な病気が絶えませんね!この国は…。

おいしい焼酎の飲み方その2

今日は昨日の続きで、焼酎を割る際の比率についてです。

焼酎が好きな人ですと、「六四で割って」などと自然と出てしまうかもしれませんが、「六四って何!」という人のほうが多いかと思います。焼酎が6に対して水が4の割り方を指します。

一般的に6:4もしくは5:5で割るのが一番ポピュラーな割り方のようです。
ただし、これもあくまで個人の自由だと思いますし、その日の体調などにも合わせて、濃くしたり薄くしたりできるのが焼酎の良いところだと思います。

もし、焼酎にこだわる上司の方などと同席される場合など上記の事項を参考にしてください。中には間違った理解をされたままこだわっていらっしゃる方もいますが、そういった場合は、うまく合わせてあげてくださいね。

基本は、楽しく飲むことではないかと思います。正直、お湯が先でも後でも、そこまでの差がわかる人はそうそういるものではありません。ただ、焼酎を飲む際の作法程度に知っておけば良いと思います。

さあ、今日もおいしく楽しいお酒を飲みましょう。

焼酎のおいしい飲み方

いちおう焼酎レストランのブログですので、焼酎の薀蓄らしいことも書いてみたいと思います。

まず今回は、焼酎の飲み方から。
最近は、焼酎を飲む機会も増えていることと思いますが、普段飲まない人からすれば、いきなり六四で作ってとか、お湯から先に入れんか!と言われても訳がわからないと思います。ちょっとそのあたりを簡単に解説致します。


一般的に焼酎の飲み方といえば、お湯割り、水割り、ロック、ストレートかと思います。当店では、季節にかかわらず、ロックで飲まれるお客様が一番多いです。

○お湯割り
まずお湯から先入れ、後から焼酎を注ぎます。そうすることにより、お湯と焼酎の温度差により対流作用が働き、自然と焼酎とお湯が混ざり合います。

○水割り
焼酎は水より軽いので、水割りの場合は、先に焼酎を入れ後から水を注ぐことにより、自然と焼酎と水がよく混ざります。

○ロック
グラスに氷を入れ、焼酎を注ぎます。

○ストレート
グラスにそのまま焼酎を注ぎます。


ロック、ストレートは特に問題ないと思います。割る場合、ウィスキーと違って焼酎は自然と混ざり合わせることを重視しますので、一般的にマドラーなどで混ぜたりはしません。


ちょっと長くなりそうなので、続きはまた明日。

突風

ものすごい風です。今年は、どうしたのかと思う天気が続きます。
3月ぐらいに突風が吹くことはよくありますが、この時期にこんな風が吹くなんて。

何よりも、この風で何が飛んでくるかわかりません。
こういう時に、我々の予想を超えるものが飛んでくるのが、中国です。
外出時には、ご注意を!

ゴールデンウィークの暇に合わせて、単なる思い付きで、はじめちゃいました。
いままで、日記なんてつけたことない私が、いつまで継続できるかわかりませんが、とりあえずやってみます。

テーマ : ブログはじめました - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。